×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ケアマネージャー
らくらく合格勉強法

\合格率87%/

ケアマネらくらく合格勉強法
詳細ページへ

介護支援専門員(ケアマネージャー)は、短期間で合格できる! 合格のための正しい勉強法さえ身につけてしまえば、誰でも1ヶ月程度の勉強で合格が可能に!

人気の
介護支援専門員
ケアマネージャー試験に
たった一冊の問題集を使い
わずか30日で合格できる


画期的な
勉強法があります!

しかも
その勉強法を実践した人の
合格率が87%だとしたら
あなたは信じられますか?

↓↓↓


今すぐ買う
ケアマネらくらく合格勉強法

介護支援専門員|ケアマネージャーの試験に合格するためには、優秀な頭脳も高価な教材も一切必要ありません。

勉強法さえ間違わなければ、介護支援専門員|ケアマネージャーに、短期間で合格することが可能なのです。

7大特典

  1. よく出る重要事項暗記集をプレゼント
  2. 30日間メールサポート
  3. メールサポート1年間延長
  4. 合格祝い金プレゼント
  5. 特別オリジナルレポートプレゼント
  6. ○○神社への合格祈願代行
  7. 合格後提出物のアドバイスレポートプレゼント

音声CDプレゼント

今なら音声CDをプレゼント!

試験に頻繁に出題されて、なおかつ覚えにくい項目に絞って1問ずつ問題形式にしたものを収録しました。

通勤の途中などに、MP3プレーヤーなどに入れて聞けば、覚えにくい項目が自然と頭の中に入ります。

マニュアル概要


マニュアル!誕生秘話

介護支援専門員(ケアマネージャー)の三島茂人と申します。

ケアマネージャーの試験に、2度落ちて3度目にやっと合格しました。

こんな私が合格したのは、ある方の勉強法に出会ったからなのです。

偏差値40台の高校をやっと卒業した元ヤンキーの土井稔さんです。

電験3種という合格率10パーセント前後の難関資格になんと、4ヶ月で一発合格してしまったのです。

通常は合格までに2~3年かかるといわれている難関資格です。 さらに第2種電気工事士、第1種電気工事士 1級電気工事施工管理士、1級計装士、消防設備士.... といったほとんどの電気系の資格を総なめ状態にしてしまいました。

偏差値40台の高校をやっと卒業した落ちこぼれがですよ! 信じられますか。

資格試験合格のためには、学校の成績など一切関係ないのです。

ノウハウがすべてなのです。

土井さんの勉強法は、すべての資格試験取得に有効です。

この土井さんの勉強法を知ることによって、 なぜ自分が2度もケアマネ試験に落ちて 3度目に合格したのかということがハッキリと分かったのです。

まさに目からウロコとはこのことでした。

そして、あることを確信しました。

この勉強法を、介護支援専門員|ケアマネージャー試験になかなか合格できないで悩んでいる人に紹介してあげれば、 きっと喜んでいただけるはずだと。

そしてその結果、完成したのが今回あなたに紹介する 「 ケアマネらくらく合格勉強法 」です。

勉強しても合格できない人

あなたが今現在このような方ならば、今すぐ考えを改めて下さい。

このような、いわゆるまじめで王道的だと思われている勉強法が… 実は、非効率的で合格を程遠いものにしているということにほとんどの方は気がついていません。

資格取得には不真面目が一番、とまでは言いませんが、 残念なことにまじめであるがゆえにつまずいてしまう人があまりにも多いのです。

合格する人の勉強法

たったこれだけです。

この「2つのポイント」を忠実に守っていただければ、 介護支援専門員|ケアマネージャーは、短期間で合格可能なのです。

あなたは、介護支援専門員|ケアマネージャーの基本テキストを見たことがありますか? 1巻~4巻まで合計でなんと2300ページ以上あります。

ぜんぶ完璧にやれといわれたら、それはほとんど拷問です。 でも安心して下さい。 あなたにそんな拷問のような勉強を強制したりしません。

試験に合格するためには、満点をとる必要は全くありません。

ここ重要ですからもう一度言いますが、 「満点を取る」必要は全くないのです。 合格に必要な最低点を取ればいいのです。

試験に出るとこだけにしぼって、そこを重点的に学習すればいいのです。

その次に、大切になってくるのが「記憶の定着」です。

おそらくあなたも経験があると思います。 テキストの1ページ目からコツコツと勉強を進めていって、 苦労を重ねて最後のページまでやり終えたとき、 最初のページに書いてあったことはすっかり忘れていた…。

学校の授業などでもそうですが、 多くの教育機関では記憶の定着ということをあまり重要視していません。

しかし、悲しいことに人間というものは本当によく忘れる生き物なのです。

でも、このノウハウはそういった天才的な記憶力がなくても、 どんどん頭のなかに知識が定着していってしまう不思議な方法なのです。

記憶を定着させるためには、あるスケジュール管理のコツをマスターすることが重要になってくるのです。

もしあなたが、なんとしてもケアマネに短期間で合格したいという情熱をお持ちならば、 「ケアマネらくらく合格勉強法」 を試してみてください。

合格率87%の根拠

2009年12月10日、 何気なくパソコンを開いてメールをチェックしてみました。 その瞬間、腰が抜けるほどびっくりしました。 なんじゃ!この迷惑メールの嵐は!

気を取り直してメールを1通ずつ確認してみると、 迷惑メールなどではなく、なんとうれしいうれしい合格報告メールの嵐だったのです。

そうなんです。 12月10日は、介護支援専門員|ケアマネージャーの合格発表の日だったのです。 やっぱり本物だったのです。

この勉強法を信じて、 勉強を続けて下さった方たちが、見事に結果を出して、報告をしてくれたのです。

今回の合格発表後に、届いたうれしい合格報告メールの合計は、 なんと102通にもなりました。

自分の紹介した勉強法がこれほどの結果を出すとは… とはいえ…全員が合格できたわけではありません。

残念ながら不合格の報告も受けました。 しかし、その人数はわずかに15人でした。

つまり、この割合で計算すると合格率が87パーセントということになるのです。

介護支援専門員|ケアマネージャーは、難関資格であると思っている人には信じられないかもしれませんが、 これはまぎれもない事実です。

そして、さらにさらに2010年度は合格者が倍増して193名となりました。

介護支援専門員

介護支援専門員(通称ケアマネジャー|略称ケアマネ)は、介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、 居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめます。

准看護師資格と同様、都道府県知事から資格が与えられる公的資格です。

介護支援専門員として登録・任用されるには都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修」を受講する必要があり、 研修を受講するために「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する必要があります。

受験資格には、法定資格などで5年以上の実務経験が必要となります。

介護支援専門員試験は毎年10月に開催されます。 介護支援専門員試験の合格率は、当初50%弱でしたが、年々合格率が下がり最近では15%まで低下しています。

介護支援専門員の平均年収は379万円(男性が413万円、女性が368万円)、平均月収は26万円です。 ちなみに、平均年齢が45.3歳で、男性の割合が24.4%、女性の割合が75.6%になっています。

おすすめリンク

↑ページトップへ


© ケアマネらくらく
合格勉強法